猫の日に情報解禁・3Q Films

【3Q Films】

-映画をもっと自由に-

-映画をもっと身近に-

 

舞台役者の末武太と

女優の前田多美と

映像クリエイターの

オカハラシンが映画を撮ります。

 

3人×15分間のショートムービーです。

 

全部上映しても1時間で収まる

ライトな映画イベントです。

 

***************

 

上映館が決まりました!

それは...横川シネマ

 

上映日時が決まりました!

それは...4月17日(金)〜21日(火)

20:00から。

 

料金が決まりました!

それは...前売/当日共に1500円。

 

詳細HP

https://3qfilms.tumblr.com/

 

今後の展開はまた追ってお伝えします。

赤福もいいけど...まくのはやっぱり紅白餅

撮影で佐木島へイッて来ました。

三原市の祭り、御弓神事を撮りに。

弓引いて的に当てて

その年の吉報を願うという。

 

当てないといけないプレッシャーの中

宮司は見事命中させてました。

 

その後は企業や厄年の方など

弓を引いていってました。

 

それが終わると一般参加も可て事で

何人か体験してましたけど。

 

その実、私高校時代は弓道部でして。

中学時代はバリバリの野球少年だった

太ちゃんがどうして弓道部に入ったか?

それは、

 

「男女一緒だったから...」

 

不純(笑)

 

とは言え弓道に関しては

素人よりかは経験があるつもりです。

 

なので弓を引いて的を

狙ってるのを見ると始終ヒヤヒヤで。

よくこれまで怪我人出さずに

出来てたなぁてレベルです。

神様に守られてるて事?

 

弓、なめんなよ。

刺さると、死ぬよ。

て思っちゃいます。

 

絶対に弓の前に人が居ちゃいけません。

いくら斜め前でここなら大丈夫だろう、

て思ってても“弓なめんなよ”なんです。

だけど矢を抜く手間と効率を考えてか

前にいるぅ〜(怖)

 

たった数メートルしか離れてないけど

的を大いに外して奥の林まで飛んで

行くこともあるの。

それはまぁいいとして。

 

それを取りにいくぅ〜

戻ってくるのを待たずに

次の人がすぐ矢を放つ〜

取りに行った人危ない〜

 

神様に守られてるのかな。

まぁでも何とか今年も怪我なく

終わってまし...

 

あ、でも一人だけ被害を受けた方がいた!

もう一人いた宮司さんだ。

 

矢を放った瞬間、弦がメガネに

当たって、スコーン!と

メガネが吹っ飛んでました。

 

レンズが外れ、耳掛けが取れ、

修理不能なレベル...

悲惨な状況になってました(悲)

 

怪我が人でなくモノでよかった。

これも神様に守られてる証拠です。

終わったら餅まき。

これが一番盛り上がってました♪

うま味に隠された真実

こないだラテ欄見てたら

気になるワードを見つけて。

即録画よ。

なにがって堂々と“化学調味料”と

書かれているではないですか。

 

どうしてそこに反応するかというと

民放では“化学調味料”の発言自体が

NGワードだったりするのです。

 

例えば「こちら化学調味料使用してません」

的な発言をしようものなら

それはそれはかなりの

ペナルティが課されたりするのです。

 

詳しくはネットで見てみて。

 

そんなドキドキワードが先日の

新聞に堂々と書かれてたわけですから。

見ない選択肢はありません。

 

放送したのはNHK。

納得や。スポンサーがないからね。

内容は化学調味料というワードに至った

歴史を見ていくものでした。

 

そもそも化学調味料の原料はさとうきび。

他の調味料と大差ない事がわかります。

 

元々は“理想的調味料”とか

“万能的調味料”て呼んでたんだって。

ある時、料理番組で調味料を使う際に

使用されたのが“化学調味料”でした。

 

でも今とは違う意味合いで

使用してたみたいですよ。

時は戦後、科学の発展が目覚ましく

科学=いいもの・素晴らしいもの

だったようで。

 

その時に理想的調味料を生み出した人が

化学者だったという事から

“化学調味料”という名称を作ったんだって。

つまりは素晴らしい調味料て事よね。

と同時に、ワードを作ったのはNHKて事よね。

時は過ぎ、経済の発展とともに

全国で公害問題が頻発して、

化学=公害のイメージが付いてしまった為

化学調味料=何か体に悪いもの

的なものになっていったらしい。

 

では現在はどう表現してるのか?

そう“うま味調味料”

よく目にし、耳にします。

今はこれが常識。

 

でも店の看板や商品には今だに

『化学調味料不使用』『無化調』が

目立ちます。

言葉の持つイメージて強いなぁ。

 

反対に『うま味調味料不使用』て

中々目にしないからね。

そりゃそうだもん。

 

「あ、これってうま味ないんだぁ」

 

てなるもんね、言葉だけ見ると。

 

さて番組のエンディングは

今は“化学”ではなく“科学”の調味料が

進んでいるといった内容でした。

 

味覚は決して舌で感じるだけではなく、

視覚や聴覚などで味は変わると言うのです。

例えばVRを装着して視覚で味を変えたり

ある音楽を聴いて聴覚で味を変えたり。

 

いつの日か“化学調味料”が“科学調味料”に

変換される日がくるのでしょうか?

響きが同じだから今後もおそらく

発言自体の使用は不可だと思います。

 

つまりは今後も発言は

『化学調味料不使用』なわけで...

 

それにしてもNHKは随分攻めたなぁ。

スポンサー関係ないとは言え。

なんかあったの?

LIFE is ...

ダンス公演『LIFE』にイッて来ました。

撮影でね。

県民文化センターが満席だったよ。

凄いなー。

聞くと講師の自主公演なんだとか。

いくら生徒さんが出演してて

関係者が観に来てるとしても

自分だったらこんなに集められんでぇー。

 

集まったとしても6畳あれば足りるからね。

観に来た時点で寝ソベリア...なんでや(笑)

 

ジャズダンスが主らしいけど

作品はコンテンポラリーに近い表現だったね。

 

与えられた振り付けをこなすのもダンス。

自身で構成を考えて表現するのもダンス。

 

運動神経も頭も使う、

シビれるパフォーマンスやね。

 

ダンスを上手く踊れたらカッコいい。

リズム感を養えて体幹も鍛えられて。

で、なによりモテると思うんだよね。

 

40の手習いで始めてもいいものだろうか?

よし!ダンスを始め...ませぬ。

ガラガラやないかーい!

違うよ、開場前を撮ったんだよ。

舞台版『コイカリ4』の感想

恥ずかしながら初めての鑑賞でした。

ですんでこれまでは不感症だったて事。

もとい、不鑑賞。

そんな言葉ないか。

 

舞台版

『恋とか愛とか(仮)4』

を観にイッて来ました。

これまた恥ずかしながら

取り置きをお願いしたんだけど

今回は指定席だとは知らず

 

「いい席空いてんじゃん!」

 

なノリで勝手にいい席に座ってしまいました。

と言っても前の方じゃなくて

正確には一番後ろね。

でもポツンと座ったわけじゃないよ。

きっちり前に座ってる人はいたし。

ただ横には誰も座ってなかったけど。

でも多分、誰にも迷惑は掛けてない事を

ここに宣言しときます!

 

自由席の場合、

《どこに座ればいいのか問題》が

あると思うけど。

(え?そんな問題ないって?)

 

これまで舞台見て撮ってきた者の

個人的見解としては

客席座るなら下手から観る事を

おススメします。

(つまり客席から舞台を見た時の左手側ね)

 

勿論個人差はあるだろうけど

観やすい構図になってる事が多いよね。

今度試してみては?

 

さてさて肝心のコイカリだけど。

舞台版、面白かったぁ。

脚本がいいよね。

綺麗。きっちり収まってる。

 

逆に演技て難しいよね。

ぶっちゃけ好みだし、正解もないし。

めちゃ面白いシーンとか

笑えるやりとりとか沢山あったし

楽しかったんだけど。

 

つい役者に立った視線で観てしまう

自分が居たりして。

例えば。

自分で出したプランがどこまで反映されてるのか、

とか

演出家にどこまで言われてそうなったのか、

とか

これ絶対男性演出家だろうな、

とか色々考える所がありました。

(事実、演出家は男性でした)

 

ついこんな見方になってしまうのは

性分だからしょうがないよね。

もう舞台に勃たなくなって

久しいわけだけど...

ん?“勃つ”て漢字間違ってるって?

違うよ、これが自分にとって

正しい漢字の使い方だよ。

 

舞台で勃てるかどうかは非常に大事。

近年の私は明らかに舞台に対して

勃起不全なのであります、エッヘン!

(自慢でもなんでもないか)

 

だから舞台でイキイキしてる人を見ると

「すごいなぁ」て思います。

どんなに頑張っても

勃たないからね、今の私は。

舞台特有の集団行動も苦手だし。

 

まとめると舞台には剥いてないんだよね。

正確に言うと剥いちゃうフィールドが違うかも。

“剥く”て漢字もこれでイキましょー!

 

だってバーレスクや自身の

プロデュースイベントはビンビンなわけだから。

パンツが張ってしょうがないよ(笑)

横からナニが見えてるんじゃないか、と

思うもん。

 

“好き”かどうかが大事なんだね。

 

当たり前だけど。

結局、普通の事を言っただけなのでした。

刺繍の匠集団

『クイズ!ナルホー』

福山市神辺町にある

アルファ企画にイッて来ました。

刺繍加工の会社です。

やってもらいましたがなー。

マントに刺繍。

ある情報筋によると

これ、薄い生地だから刺繍するのって

めちゃくちゃ難しいらしいの。

 

それをこんなに贅沢に

豪華に刺繍して頂いて...

しかもSP(スペシャル)付のデラックス版♪

 

これぞ匠のなせる技。

家族経営でね、それぞれ作業を

分担されてやってるんだけど。

それぞれがプロフェッショナル!

 

心から感謝いたします。

ありがとうございます!

 

これ着てると目立ってしょうがないぜー!

悲しいかな帽子もマントも脱ぐと

普通のおっさんですが(笑)

『ザ☆現場』の現場

『ザ☆現場』at ヲルガン座

を観に行く。

ゴトウイズミさんと七瀬かおりさんの
二人のショーなんだけど。

結論からいくとめちゃ笑ったわー。


冒頭、先輩と後輩を入れ替えて
話が展開していくんだけど
この時点で成功だな、て思った。
先輩役を七瀬さんが
後輩役をイズミさんが。
で、本来イズミさんがやってる
パフォーマンスを七瀬さんがやって、
七瀬さんがやってるパフォーマンスを
イズミさんがやるわけ。
七瀬さんはアコーディオンに挑戦してました。
凄いね。練習してるとは聞いてたけど。
アコーディオンてめちゃくちゃ難しいんだよ。
それをなんとか、なんとか演奏してました。
ただこの緊張感とたどたどしさて今しか
見れないんだよね。
だってこれからはどんどん上手になって
いくだけだから。
なのでそういう意味では貴重なものを
観せてもらった感じです。
で、次はイズミさんの番。
ん?待てよ。イズミさんは何をやるんだい?
「ちょ、待てよ!」
一人興奮している私がいました。
それは七瀬さんが得意とする芸
早着替えだったのです!
たまらんでぇ〜!
これが観れたただけでも
今回は満足だったなぁ。
勿論、後半のパフォーマンスも最高でした。
ラストはお仏壇ギャルズが登場。
ネーミング含めその発想・センスに脱帽です。
今週は書かないといけない案件が
あるんだけど刺激を受けました!
バーレスク部メンバーも沢山
観に来てた♪
きゃわいいロンTグッズ
みんな購入だい☆

HANA TO GUITAR

HANA TO GUITARヘ。

店主のたびいさんから

まさかの呼び出し(怖)

 

何の用ですか!?

俺何か悪い事しましたか!?

金なら持ってないっすよ!

 

扉を開けると

ただ演技を見て欲しい、

というものでした。

「え?それ私でいいんですか...」

 

なんでも映画に出演するとかで

これまでにない役を頂いたらしく。

台詞や立ち回りを

どうすればいいか不安だと。

 

にしても再度聞きますが、

私でいいんすか?

「いいんです!」との事でした。

 

たびいさん、実に真面目です。

私なりに演技のやり方を説明すると

繰り返し練習してどんどん

自分のものにしていきます。

あっという間に素晴らしい役に

変身してました。実に器用な方です。
 

初めてお会いしたのは十数年前。

あるイベントでたびいさん歌ってました。

私の印象...ただの酔っ払いでした(笑)

本人の出番終わって客席に座ると

今度はガヤ...MCしてた私はイヤでした(笑)

 

あれから。

時々映画でご一緒させて頂きます。

今では心優しい兄さんです。

こんな私に声かけてくれてなんだか恐縮です。

 

お礼にとご馳走してくれました。

美味しいお肉のお店でした。

たびいさんBarを経営されてます。

お店を開くまでの30分だけ...の

つもりでご馳走になってたんですが。

 

気づけば12時超えてる!

たびいさんお店大丈夫ですか?

いやいやたびいさん

「マジですかっ!?」

てくらい飲んでるっ!

 

終わったのが2時前。

私は帰りましたけど。

次の日、メールがきて

あれから別の店に行って

4時まで飲んでたとの事。

その元気の源、私にもください!

 

私からの返信で粋なコメント

送ったんですが「そんな話したっけ?」と

本人覚えてない様子。

ははぁ〜ん。

となると多分、今日教えた事全部忘れてるな(笑)

 

映画の上映が楽しみになりました♪

撮影頑張ってください!

前代未聞の緊縛ショー【VERSUS!!】

魅惑の緊縛ショー♪

『VERSUS!!』終わりましたのん。

私、縛られましたのん。

私、吊られましたのん。

 

人生で初でしたのん。

え、「のん」が気持ち悪いって?

 

いやいやしかし。

ステージ中、ゾーンに入ったね。

いや、入らないと出来ないて思った。

中々の経験させてもらいましたよ。

 

ちなみに。蛍さん調べではありますが

おそらく男性バーレスカーを

縛ったイベントは今回が“世界初”では

なかろうか、と(諸説あり)。

 

光栄ではないかっ☆

今ままでで世界初に関わった事ある?

おじいちゃんになったら孫に自慢しよう。

楽屋にて。

緊縛師の雨宮蛍さん(真ん中)と

すまいりぃ〜カゲ子。

 

緊張バクバクが緊バクなら

今回は緊ワクだったね。

緊張ワクワク♪

緊縛体験、ライフ引き出しに入りました!

 

それにしても...

私は一体どこに向かっているんだ(笑)

秘密の上映会

Tomorrow BURLESQUE vol.3

上映会 at ふらんす座

毎回恒例です。

本番公演が終わって熱が冷めた頃に

やってっくる上映会イベント。

部員のみんなと鑑賞するんです♪

 

あの時の盛り上がりそのままに

みんな観ながらヒューヒュー言ってます(笑)

 

いい所はどんどん伸ばし

反省すべき所は次回改善して

ちょっとずつ成長させてもらってます。

 

メンバー全員で作り上げていく今イベント。

スタッフワークも全員が責任持ってやってます。

 

春から新企画が始まるとか始まるとか...

みなさん広島バーレスク株買っていきましょー♪

売ってないけど(笑)

観に来て、て事で!